メディアの表舞台を目指す


メディアの表舞台に立つ人たちは、さまざまな分野の人たちが存在します。

いつの世も人気の高いアナウンサーは、テレビ局に入社し、アナウンス部に入らなければなりません。その倍率は、1000倍以上ともいわれており、かなりの狭き門です。最も倍率の高いのは、民放キー局と呼ばれているところで、日テレやフジテレビ、テレ朝やTBSを指します。同じアナウンサーとはいえ、局ごとに求められる資質は異なるといわれています。

近年、文化人のメディアへの露出も増えています。経済ジャーナリストや教育のプロ、離婚相談のスペシャリストなど、それぞれ専門分野の研究を行い、深い知識を持った人々が文化人と呼ばれるようです。地震や原発問題などが発生した場合は、その分野を研究している大学の教授が呼ばれることはお気づきのはずです。

俳優の場合、タレントや芸人からの転身の道もありますが、個性的で実力のある俳優の多くは劇団出身のようです。

メディアの表舞台に立つには、それぞれの分野を極めた人たちが多く立っているように感じませんか?
一躍有名人というのはほんの一握りの存在であり、なにか1つのことに努力のできる人間だからこそ、長くメディアに出続けることができるようです。